忍者ブログ
ココマイスターの長財布を特集紹介します。長財布は商品数も一番多く人気の高いシリーズも満載です。また、再販開始情報が入り次第、速報で再販売情報を中心にお知らせします。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
bagheader.jpg

12月23日(水)21時からシェルコードバン・アーチデュークが、再販売開始します。

シェルコードバン・アーチデュークは、WEB限定販売商品です!

再販開始

国内でも入手が難しい皮革を使用し、職人が手作りで仕立てる都合上、ご用意できる数に限りがあります。
コードバンシリーズは、ココマイスターの中でもご案内が不定期です。 シェルコードバンシリーズは、皮革がなくなり次第生産終了となります。
WEB限定品です!!


シェルコードバン・アーチデューク

大人の男の名が財布に秘められた歴史

ココマイスターの高級皮革逸品、シェルコードバン・スタンフォードの特集紹介です。米国シカゴにあるホーウィン社がつくる世界的ブランドであるシェルコードバンを表裏に使用した逸品である。自然の風合いを極限まで残した仕上げが施されています。使い込むことで鋭い光沢が増していく経年変化に特化したコードバンは非常に稀な存在の皮革を用いた長財布です。

ココマイスター
ココマイスター
ココマイスター
ココマイスター


カラー / ブラック / ボルドーワイン 


価格 / 120000円(税込)

送料無料


ココマイスター 再販




logo7-2.png
コードバン・シリーズ
最高傑作のコードバンを使用した極上のシリーズ。紳士を魅了する、高級感あふれる表情に見惚れる。

その独特の硬質な素材感から高い硬度を持った希少価値の高い宝石であるダイヤモンドとして称されているコードバンは、キメの細かな繊維がむき出しとなった状態であるため、非常になめらかでしっとりとした質感が特徴である。
由来は・・・
スペインのコルドバ地方の山羊革(コードバン)に似ていることから、同じく「コードバン」と呼ばれるようになったと言われています。
もちろん山羊ではなく実際は馬の革です。
ヨーロッパ地方で食肉用としてごく少数生産されている農耕馬から採れ、量もごく僅かという、とても希少価値の高い革であることがコードバンの最大の特徴です。
その為、「革のダイアモンド」「幻の革」とも呼ばれていて、希少性と質の高さから動物皮革の中では特に高級品と言われています。

触れてみると・・・
艶やかで、なめらか。そして、しっとりと手に馴染む感覚があります。
一見、落ち着いた大人しい印象を受けますが、「革のダイアモンド」などと呼ばれ皆が憧れるような気品の高さも合せもっています。
まさに、カリスマ性を感じることのできる革ではないでしょうか。

マイスターコードバン・サンシモン シェルコードバン・アーチデューク シェルコードバン・スタンフォード シェルコードバン・ジョンブル マイスターコードバン・スカイスクレーパー マイスターコードバン・ハイフライヤー シェルコードバン・サルトラム マイスターコードバン・ラスティング コードバン・ラウンド長財布 コードバン・薄型長財布 コードバン・通しマチ長財布 シェルコードバン・ヴァランテ コードバン・長財布 コードバン・二つ折り財布 マイスターコードバン・ラウンドヘッド マイスターコードバン・ブレイズ コードバン・馬蹄小銭入れ コードバン・名刺入れ 





同時に再販売開始される商品を紹介します。
ブライドル・ダレスバッグブライドル・ダレスバッグ圧倒的な存在感を誇る由緒あるダレスバッグ
価格 / 200,000円(税込) 送料無料
カラー / ブラック / ロイヤルブラウン / モスグリーン / ダークネイビー / へーゼル / スイスレッド / ロンドンキャメル
ブライドル・ダレスバッグ
シェルコードバン・サルトラムシェルコードバン・サルトラム自然の風合いを生かす極上コインパース
価格 / 50,000円(税込) 送料無料
カラー / ブラック / ボルドーワイン
シェルコードバン・サルトラム







Calendar-Twitter-128.png
Calendar-Facebook-128.png

twitter01.jpg twitter02.jpg

twitter03.jpg 295.jpg

facebook01.jpg



PR
最新!再販売情報
26.jpg

27.jpg

31.jpg

29.jpg

28.jpg

アクセス
track feed カッサマッサージ方法 プレート通販

Copyright © ココマイスター 長財布 カタログ通販 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]